どの種類がおすすめ?ケール・大麦若葉・明日葉の青汁を徹底比較!

“毎日の野菜不足を青汁で補いたい“と思っている方は多いのではないでしょうか。近年では青汁にも種類があり、どれを購入したらよいか悩んでしまいますよね。

 

この記事では、青汁で主に使われている野菜の特徴を紹介していきます。

青汁とは

“毎日忙しくて野菜が食べれない”
“バランスの良い食事を毎日考えるのは大変”

 

厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量は350グラムです。しかし、実際の平均量は290gグラムで約100グラムも不足しているのです。

 

そこで野菜不足を補うものとしておすすめなのが、【青汁】です。いろいろな野菜の栄養を豊富に含んでいる青汁は、日々の野菜不足を補ってくれます。

 

野菜不足を補うのによく挙げられる野菜ジュースは甘くて飲みやすいですが、飲みやすくするために糖分や食塩、添加物などを多く含んでいます。健康のために飲んだとしても、野菜不足を補えなかったり、添加物などを摂取してしまいます。

 

その点青汁、は様々な野菜を加熱処理をせず絞ったものや細かく刻んだもので、野菜本来の栄養を余すことなく摂取することができます。

青汁の成分

青汁にはビタミン・食物繊維・カリウムが多く含まれています。
一般的な青汁の主な原料として

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 明日葉

に分かれます。
どの野菜が不足しているか、味の好みによって選ぶと良いでしょう。

 

ケール

  • 食物繊維…レタスの約4倍
  • ビタミンA…キャベツの約200倍
  • βカロテン…トマトの約5倍
  • ビタミンC…グレープフルーツの約2.5倍以上

ケールはビタミンC・カルシウム・マグネシウムが豊富な野菜です。ケール1つの食材に対して、ほかの野菜が持っている栄養素をバランスよく配合しています。ケールを主に使っている青汁は、バランス面で優れており、バランスよく野菜を摂取されたい方におすすめです。

 

昔はケールを主原料としたクセのある青汁が出回っていましたが、現在では一部メーカーが改良して、飲みやすいケール主成分の青汁が出回っています。

 

大麦若葉

  • 食物繊維…レタスの約3倍
  • ビタミンC…ホウレンソウの約3倍
  • カルシウム…牛乳の約10倍
  • カリウム…ホウレンソウの約18倍

大麦若葉は鉄分が豊富で糖質が少ない野菜です。
大麦若葉を主に使った青汁は、ケール主原料の青汁よりも飲みやすいと定評があります。飲みにくいといわれていた青汁を“飲みやすい青汁”とイメージを変えたのは大麦若葉のおかげといわれています。
ケールがどうしても苦手という方には、大麦若葉がおすすめです。

 

栄養価ではケールよりも劣りますが、他の緑黄色野菜と比べても栄養がバランスよく含まれているので、日々の栄養不足を補える食材です。

 

明日葉

  • 食物繊維…レタスの約5倍
  • βカロテン…トマトの約10倍
  • カリウム…ピーマンの約8倍
  • ビタミンE…にんじんの約5倍

明日葉は食物繊維・βカロテン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンK・ナトリウム・カリウムなどが豊富な野菜です。
明日葉は古くから八丈島などで高麗人参の代わりとして食べられてきました。高い栄養素とカルコンという独自のポリフェノールが明日葉に入っているので、多くの青汁で配合されています。

 

味は苦味が少なくほんのり甘いです。セロリの味や風味が似ているので、セロリが好きな方にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。青汁も主に使われている野菜によって、栄養素や飲みやすさが変わってきます。すべてのことにいえますが、青汁は毎日飲むことによって効果があらわれてきます。

 

いろんな種類の青汁からご自身が毎日続けることができる青汁をえらんで、健康な毎日を過ごしていきましょう。

当サイト人気記事

青汁の効果 青汁美肌 青汁便秘

青汁 効果

青汁が身体にもたらす3つの効果について解説。青汁は目的によって種類を変えるのがベストなので、自分に合った青汁を飲むようにしましょう。

詳細はこちらを確認

青汁 美容

青汁は美容効果にもいいとされていて、飲み始めてから3週間目頃から肌への効果を実感された方もいます。

詳細はこちらを確認

藍の青汁

青汁は食物繊維も豊富で便秘改善にも適しています。青汁が便秘に効く理由、便秘改善におすすめの青汁を紹介しています。

詳細はこちらを確認