妊娠中もおすすめ♪青汁を飲んで栄養をしっかり摂ろう!

妊娠中は赤ちゃんのために栄養をしっかり摂りたいもの。しかし、いろいろな規制がありますよね。そこでおすすめなのが「青汁」です。赤ちゃんが元気に生まれてくるための栄養素がたくさん詰まった青汁を、紹介していきます。

 

妊娠中に青汁が良いわけ

妊娠中の体調には、赤ちゃんに影響がいかないように気をつけている人が多いと思います。しかし妊娠中の体は敏感で、食生活に気を付けていても体調を崩しやすいです。風邪を引いても赤ちゃんの体に影響するため、飲むことができないですよね。そこで体調を整えるために妊婦さんにおすすめなのが、青汁なのです。

 

青汁には妊婦さんに積極的に摂ってもらいたい葉酸をはじめ、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く含まれています。自然のものから作られているので、薬のように赤ちゃんに悪い影響もありません。健康な体を維持することは、元気な赤ちゃんに会うためにとても大切なことです。体調を崩す前に青汁を飲んで対策をしていきましょう。

 

青汁に含まれている栄養素

青汁に含まれている妊婦さんに嬉しい栄養素はどのようなものなのでしょうか。

 

葉酸

葉酸は妊娠中に必要な栄養として、お医者さんに摂るようにすすめられている人は多いのではないでしょうか。厚生省(現:厚生労働省)からも2000年に、妊婦さんは積極的に葉酸を摂るように呼び掛けられ、2002年からは母子手帳にも葉酸を摂るように記載がしてあります。

 

葉酸には先天性異常の二分脊椎などの神経管閉鎖障害を予防する効果があるとされています。欧米を中心とした研究で、ビタミンBの一種である葉酸を妊娠中に摂取することによって、二分脊椎や神経管閉鎖障害の発症が低減したという報告もされています。

 

青汁にも妊婦さんに必要な葉酸がたくさん含まれています。青汁の原料として主に使われている
ケール・大麦若葉・明日葉に含まれている葉酸を見ていきましょう。(100gあたり)
 ・ケール…120?
 ・大麦若葉…650?
 ・明日葉…100?
普段の食生活に葉酸をしっかりと補える量です。

 

妊婦さんが摂る葉酸は1日1mgを超えないようにして下さい。摂りすぎると発熱や呼吸障害を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。葉酸のサプリを摂っている人は特に注意が必要ですので、内容量によっては併用しない方が良いでしょう。

 

食物繊維

妊娠中の女性は便秘になりやすいと言われています。原因はプロゲステロンという黄体ホルモンが、妊娠すると多く分泌されるからです。このホルモンは腸の働きを抑制し、消化の運動が弱まってしまいます。さらにホルモンの影響で水分が赤ちゃんに行きやすいよう脳に指示するので、便をやわらかくする水分が不足してしまうのが便秘の原因です。妊娠中には積極的に水分を摂るようにしてください。

 

便秘良いとされる食物繊維は、妊婦さんにももちろんおすすめです。食物繊維は腸の動きを活発化させてくれるので、便の排出を助けてくれます。日本人は食物繊維を摂る習慣があまりないので、気軽に毎日飲める青汁で摂ることをおすすめします。青汁を水で溶かして飲むことができるので、水分不足も解消できそうですね。

 

青汁に含まれる食物繊維は以下の通りです。(100gあたり)
 ・ケール…3.7g
 ・大麦若葉…47.2g
 ・明日葉…5.6g
食物繊維が豊富なことで知られるごぼうでも5.7gなので、青汁で手軽に豊富な食物繊維が摂れます。

 

青汁の疑問を解決

妊婦さんは食べ物を制限されることが多いので、青汁を飲むときにも不安を感じることがあると思います。妊婦さんが不安に思っている代表的な成分を解決していきます。

 

カフェイン

妊娠中はあまりカフェインを摂らないようにお医者さんから言われている人も多いでしょう。カフェインは大量に摂取すると、胎内にいる赤ちゃんにもカフェインが流れます。赤ちゃんはまだカフェインを分解して排出することができないので、体内に溜まってしまいます。そのため興奮状態が続いて眠れなくなって落ち着きがないなどの症状や、カフェインによって血流が少なくなった影響から未熟児で生まれてしまう可能性があります。

 

青汁にもカフェインが含まれているものもあります。「青汁はカフェインが含まれてるから飲んではいけない」と考えている人も多いですが、カフェインはまったく摂ってはいけないというわけではなく、1日に300gまでのカフェインであれば胎内にいる赤ちゃんには影響はないとされています。ですので、1日1杯の青汁だと問題はありません。

 

それでもやっぱりカフェインが気になるという人には、カフェインが入っていない青汁を選ぶようにしましょう。最近は妊婦さん用の青汁も販売しているので、選びやすいですよ。

 

ビタミンA

青汁にはビタミンAが含まれています。そのビタミンAですが、摂りすぎると赤ちゃんが奇形に繋がってしまうと言われていたり、厚生労働省は赤ちゃんの成長のためにビタミンAを多く摂るように呼び掛けています。なぜ矛盾しているのでしょうか。その原因は「ビタミンAには2つの種類がある」からです。

 

避けるべきなのが、1つ目の動物性のビタミンA「レチノール」です。溶けにくい物質で胎内に蓄積されやすく、多量に溜まって結果、赤ちゃんの奇形に繋がるとされています。

 

厚生労働省が呼び掛けているのは、2つ目の植物性のビタミンA「ベータカロチン」です。緑黄色野菜に多く含まれており、過剰に摂取したベータカロチンは体外に排出されるので食べ過ぎの心配はなく、赤ちゃんの成長の手助けをしてくれます。

 

青汁に含まれているビタミンAは植物性のビタミンA「ベータカロチン」です。たくさん摂っても体外に排出されるので、安心して栄養を摂ることができますね。

 

青汁は1日1杯

青汁は健康に良いからといって、何杯も飲まないように気を付けてください。食物繊維は摂りすぎるとお腹が緩んでしまいますし、妊娠末期のビタミンKの摂りすぎは赤ちゃんが高ビルビリン血症になる可能性が高まります。何事もそうですが、適度な量が大切です。青汁は1日1杯を目安に飲むようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。青汁は葉酸や食物繊維などの妊婦さんに必要な栄養素から、健康や美容に必要なビタミンやミネラルも一緒に摂ることができるのでとてもおすすめですよ。

当サイト人気記事

青汁の効果 青汁美肌 青汁便秘

青汁 効果

青汁が身体にもたらす3つの効果について解説。青汁は目的によって種類を変えるのがベストなので、自分に合った青汁を飲むようにしましょう。

詳細はこちらを確認

青汁 美容

青汁は美容効果にもいいとされていて、飲み始めてから3週間目頃から肌への効果を実感された方もいます。

詳細はこちらを確認

藍の青汁

青汁は食物繊維も豊富で便秘改善にも適しています。青汁が便秘に効く理由、便秘改善におすすめの青汁を紹介しています。

詳細はこちらを確認

関連ページ

妊活中・妊娠中の救世主!青汁の優れた栄養素が効く
今注目の青汁には妊娠を望んでいる人や妊娠中の人にぜひ摂ってほしい栄養素がギュッとつまっているのです。青汁の栄養素は乱れたホルモンバランスを整えてくれます。妊活中も妊娠中も女性ホルモンをたっぷり分泌しなくてはならないのですから、青汁の優れた栄養素で補ってあげましょう。
妊娠中の私は、どんな青汁を飲んだらいいですか?