青汁を飲むと肌に良いワケ

青汁が肌に良いとCM等でも多く聞きます。では、理由は何なのでしょう。それは、青汁にとても多くの栄養素が含まれているからなのです。そのため、多くの方々が美容や健康のために青汁を飲み、その後も継続して青汁を飲んでいるのです。

 

では、実際に青汁にはどのような栄養素が含まれているのか?それらの栄養素にはどのような効果があるのでしょう?今回は、青汁に含まれている肌に良い栄養素とその効果についてご説明します。

青汁の効果

青汁は多くの緑黄色野菜の栄養素が含まれています。それらには、栄養不足を補ったり便秘を解消したりする事が一般的には知られています。

 

確かに、一日何種類もの野菜を摂取するのは成人男性でも難しいものです。それが、たったコップ一杯で一日の必要な栄養分を摂取できるのが青汁なのです。不規則な現代社会の中で青汁はライフスタイルの一つとして好まれているのです。

青汁に含まれる肌に良い栄養素

ビタミンA

肌の潤いを保つ役割をします。この栄養分が含まれる食物として、うなぎ、レバー等がありますが、流石に毎日食べる事は無理があります。でも、青汁にはビタミンAが豊富に含まれ摂取しやすいのです。

 

ビタミンC

ビタミンCからは多くのコラーゲンが摂れます。皮膚や粘膜の機能を正常に保ちメラニンの産生を抑える働きがありますし、体内の脂質を酸化から守ります。しみやそばかす、色素沈着の症状の緩和にも良いのです。

 

ビタミンK

赤ら顔にビタミンKは効果があります。そして骨を強くします。ビタミンKが不足すると骨粗鬆症になりやすく骨がもろくなってしまいます。

 

血液を固まらなくしたり、出血した際には固まるようにしたりと拮抗作用もあるのです。

 

カルシウム

美しい肌を保つには、肌の基礎となる体、体の基礎となる骨です。カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養分で、筋肉の収縮、血液凝固、神経機能にも関与しています。

 

葉酸

たんぱく質の生成や合成に大きく関わってきます。たんぱく質の新陳代謝を良 くする事で、細胞分裂のスピードを速め、若々しい肌を保つ事ができます。それ以外にも、葉酸を摂取する事で肌の張りにも関わってくるのです。

 

ビタミンB1

皮膚分泌が過剰になると、ニキビや毛穴の黒ずみの原因となってしまいます。ビタミン1を摂取する事で皮膚分泌が過剰になるのを抑え正常に保つ事ができます。また、女性に多い便秘にも有効です。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や粘膜の機能を正常に保ちます。効果としては、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、にきび、肌荒れ等幅広い症状に適しています。

肌だけではなく気持ちも若返る

今まで、青汁の効果や肌に良い栄養素について説明してきましたが、肌が綺麗になると外見も若返りますよね。そして、外見が若返ると心も若返ってきて、色々な事にチャレンジしたくなります。

 

友達と一緒に出掛けたり何かの趣味を始めたりと。ですから青汁には肌に良いだけではなく多くの相乗効果が期待できるのです。

関連ページ

青汁でニキビ跡が早く消える?
ニキビ跡は、青汁を飲み続けることで早く治すことが出来ます。早ければ、薄れて見えなくなるのにかかるのは一ヶ月程。では何故、青汁を飲むことでこんなに早く治るのでしょか?
もう肌荒れで悩まない!青汁で美しいお肌に生まれ変わる3つの話
青汁は女性の深刻な悩みである肌荒れに効果があります。女性は素敵なお洋服を着ていても、お肌のトラブルを抱えているときは、ため息が出てしまうものですよね。そんな青汁は、女性のお肌を守る大切な栄養素を豊富に含んでいます。なぜスキンケアに、青汁はとても良い影響を与えてくれるのでしょうか?その答えは「腸内環境の改善」がキーワードです。今回は「青汁で美しいお肌に生まれ変わる3つの話」をご紹介致します。
青汁で美肌に!誰もが羨む綺麗な肌を手に入れよう!
ニキビやシミ、肌荒れに悩んでいる女性は多いですよね。そこでおすすめなのが、栄養豊富で手軽に飲める青汁です。青汁は健康に良いというイメージがありますが、お肌に良い栄養素が含まれているので美肌も目指すことができるのです。
3週間で効果を実感!?青汁を飲んで肌美人に!
肌の白いは七難を隠す言われる程、同性から見ても美しい肌は魅力的ですよね。青汁を飲み始めて3週間目頃から、肌への効果を実感された方が続出しています!そんな青汁の美容の効果について調べてみました。