お腹のハリがスッキリ解消!青汁が快便を促す理由とは?

青汁を飲み始めると、快便になります。青汁の原料には、大麦若葉やケールといった食物繊維が豊富な野菜が多く入っているからです。青汁には快便に欠かせない食物繊維だけでなく、ミネラルやビタミンも入っているのがポイントです。

 

青汁を飲み続けいていると、腸内環境が正常になってきますから、悪玉菌と善玉菌のバランスが整います。快便になるのは、体に不要なゴミも一緒に排泄している証拠です。青汁を飲むだけで快便になりお肌もツヤツヤしてくるのです。

青汁を飲むだけで快便になるのはなぜ?

青汁を飲むだけで快便になる最大の理由は、これまであなたの体に足りていなかった食物繊維を大量に摂取できるからです。普段の食事で野菜を食べているつもりでも、実は圧倒的に食物繊維の摂取量は少ない事が多いのです。

 

青汁の食物繊維には、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく入っているので、腸内のゴミを丁寧に掃除して快便に導きます。早い人では青汁を飲んで次の日には、これまでにないほど快便になります。

 

もしあなたが、普段の食事でレタスやキャベツなどをたくさん摂っているのに、快便とはほど遠い、という場合は水溶性の食物繊維ばかりで、便の量を増す為の不溶性の食物繊維の摂取が足りていないことが考えられます。

 

また、市販の青汁には快便を促す為のオリゴ糖や乳酸菌を加えたり、ガラクトマンナンといった食物繊維をさらに加えていますので、快便が期待できるのです。

毎日の快便には青汁を継続しよう

毎日、スッキリ快便で体を軽くしておきたいですよね。青汁はたった1日飲んだだけでは、美味しかった!で終わってしまいます。青汁を継続しなければ、毎日の快便は期待できません。

 

なぜなら、快便を促す食物繊維は、毎日摂取する必要があるからです。もちろん食事で毎日補えれば良いのかもしれませんが、忙しい中で献立を考えるのは本当に大変です。

 

また家庭の食事で気をつけたいのが、快便の為に良かれと思って、食物繊維を摂り過ぎてしまう事。食物繊維は単純にたくさん摂れば良いのではなく、水溶性・不溶性の2種類の食物繊維のバランスを2:1の割合で摂る事が重要なのです。

 

食物繊維のバランスが考えられている青汁なら、たった1杯飲むだけですから、習慣になればとてもラクに継続する事ができます。

青汁を飲む時に注意したいポイント

青汁は快便を解消してくれますが、健康的に飲み続ける為に注意しておきたいポイントをご紹介します。

 

青汁の飲み過ぎに注意

青汁には食物繊維が豊富に入っているので、快便を促すのですが、美味しいからと飲み過ぎてしまうと逆効果です。腸内に刺激が入り過ぎて、腹痛や下痢や吐き気といった消化器系のトラブルを引き起こす事があります。

 

早く快便になりたいからと飲み過ぎずに、商品説明にある適量の青汁を飲んで下さい。

 

ミネラル過剰症に注意

市販の青汁には健康増進の目的で、自然のミネラルだけでなく、あえてミネラルを添加している商品もあります。もしあなたが、ミネラル系のサプリメントを飲んでいるのであれば、一日の接種基準をオーバーしていないか、調べておく事も大切です。

 

青汁に含まれるミネラル量がわからない場合は、販売者に問い合わせすると丁寧に教えてくれますので、ぜひサポートを活用して下さい。

 

農薬の添加に注意

手軽に快便を解消してくれる青汁ですが、その原料を栽培する際に、農薬はどの程度使用されているのかを知っておきましょう。特にアレルギー症状がある場合は、なるべく農薬不使用の青汁を選びましょう。

青汁で快便生活

いかがでしたか。毎日の食事で摂りきれない食物繊維たっぷりの青汁についてご紹介しました。青汁を飲む習慣をつけると、快便に良い食物繊維だけでなく、水分やビタミン・ミネラルも同時に接種することができます。

 

それらの相乗効果もあいまって、パンパンに張っていたお腹も、腸内細菌のバランスがとれて軽くなってきます。さらにデトックス効果で体調も良くなり、お肌の調子も良くなります。

 

良いことづくめの青汁を効果的に食生活にとりこんで、毎日お腹スッキリの快便生活を送って下さいね。

関連ページ

薬に頼らず便秘を解消できる、青汁の正しい選び方について
便秘薬に頼りすぎてはいませんか?便秘で辛いときは、つい便秘薬に頼ってしまうものです。即効性がありますから、頻繁に利用している方も多いのではないでしょうか。しかし、便秘薬は使用し続けていると効き目が悪くなり、1日に飲む量がどんどん増えてしまう可能性があります。